工夫が必要

工夫することで得られるメリット

高齢になると足腰が弱り少しの段差などでもつまづいて転倒しやすくなりますが、転倒する場所として多いのが住居内と言われています。 特に女性に多い骨粗しょう症は骨がスカスカになる病気のため、少しの衝撃で骨折しやすくなってしまうので細心の注意を払う必要があります。 最近ではバリアフリー構造や床がフローリングの家も多くなっていますが、フローリングは足が滑りやすく、万が一転倒した場合も骨に衝撃が伝わりやすくなってしまいます。転倒や骨折のリスクを少しでも減らすためには絨毯や畳を敷くなどの工夫が必要ですし、歩行が不安定な場合は家具などをうまく利用して伝い歩きができるようにしたり、各所に手すりを付けたりすると歩行が安定します。

手すりは歩行を安定させる他に、立ち上がり動作をスムーズにする役割も果たしています。特に加齢や病気の後遺症などで体が不自由になった場合は、起き上りや立ち上りが難しくなることもありますが、手すりがあれば自力で出来る人も多くいます。住宅内ではベッドやトイレ、浴室などに手すりがあると便利です。 手すりを取り付ける位置としては、座った状態から少し離れた場所に設置するのが大事です。何故ならば、人間の体は垂直に立ち上がるよりも、体を前かがみにした方がより足に力が加わるようになるからです。トイレや浴槽にはL字型の手すりが取り付けられていることがありますが、L字は座っている時に横の部分につかまることで座位が安定し、立ち上がりの際には縦の部分を利用できるというメリットがあります。